お久しぶりです

すごいなぁ~。
時が経つのが早すぎてびっくりしちゃう。
前回の更新からなんと10ヶ月くらいたってますね(汗)。
何しろ仕事に育児に家事に趣味にと、とにかく忙しくてブログを書く暇がないのです・・・。

そんなしっぽが久々にブログ書こうと思い立ったのは・・・愚痴・・・が書きたかったからなんですよ。

皆さん昨年しっぽ宅で預かった「キラ」の記事を覚えてらっしゃいますでしょうか?
熊本地震で家が解体になり、行く先がなくて我が家にやって来た14歳(あ、もう15歳か)のミニチュアダックスのあの「キラ」です。
実はね、まだウチにいます。

元気ですよ~。
ごはんもモリモリ、お散歩もチャッチャカ歩きます。

で、なんで愚痴かと言いますと。
最近ですね、どうも飼い主に不信感が芽生えまして。
つらつら愚痴を書く前に、前提として言っておきたいのは「ウチは一時預かりのボランティアではない」ということなんです。
母を介して十数年来親しくしている知人が、みなし仮設で飼えないし預け先もなくて困っているということで「家が建つまでならいいよ~」と預かったのです。
その知人(飼い主)は母と同じ職場でして、いろいろと普段の言動が聴こえてくるのですが、それってどうなの⁉みたいなのが多いんですよね。

例えば、職場の人が白柴犬のもらい手を探していたら「うちも欲しいんだけどね~」と言ったりとか。
ずっと家を建てると言ってたのに「みなし仮設が1年延びたからよかった~。お父さんももうアパートでいいかって言ってるんだよね。」って言ったりとか。
そもそもフードやシーツも去年1回、春先に1回それぞれ2か月分くらいをもらっただけで、あとはしっぽの自腹。
たまにやってもらうお手入れ3点セット代も自腹。
ワクチンも狂犬病注射もフィラリア予防も昔からしてない(今はフィラリアだけしっぽがやってる)。
生活苦しいなら仕方ないけど、飲み会や行楽には普通に参加しているし、孫にはお金を惜しんでないそう(母談)。
預けに来た後は、春に会いに来る予定がしっぽの風邪で中止になって以来1度も会いに来ないし、キラの様子を尋ねる連絡だってほとんど無いし・・・。

飼い主を知る他の母の知人たちは、口をそろえて「ボランティアに預けたわけじゃあるまいし、遊ぶ金があったら普通はフードやシーツ代は払うでしょ。いろいろ理由をつけて返さないと、ずるずる押し付けられるだけだよ! 預け先無かったら安楽死とか言われても(一回言われたことがある)引き下がったらいかんよ!」と・・・。

そんなこんなで、ついにLINEで家の建設やキラはどうするのかとお伺いを立ててみましたらば。
「家族と相談してるけど業者が見つからなくて話が進まない。なんとかするのでもう少し待って」
しっぽが、キラのためにもなるべく早くにお願いしますと返したらば。
「そのつもりです」
・・・だそうです。

なんかもうね・・・。
ものすごくモヤモヤします。
被災して大変だろうからいろいろ目を瞑ってきたつもりだけど・・・なんだかなぁ。
愛犬家モドキを見破れず、親しい人だからと気軽に預かったのが悪かったんですよねぇ。
キラに罪はないし、この飼い主じゃ先行きは不安だけれどしっぽは手を引こうと思います。
長々と愚痴を書いてしまい申し訳ないです。
ちょっとというか、かなりスッキリしました。
スポンサーサイト

遅ればせながら・・・

ふと気づくと、1月も半ば過ぎ…。
新年早々ご無沙汰してすみません。
時の過ぎるのは早い。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_20170107_120205-1.jpg

「お隣にカミナリ落ちた!」→ウチでした…

先週の土曜日、熊本は大気の状態が不安定で、朝からお天気は最悪でした。
リビングで毛布をかぶって寝ていたしっぽの耳には、「ゴォッ…ゴォッ」と妙な雷の音が聞こえていました。
西側の窓の日よけが強風でキシキシ音を立てています。

いつもと違うな。

思ったしっぽは、起き上がってTVを付けました。
すると画面には「雷と突風に関する注意情報」みたいなテロップが出ています。
窓を開けて外を見ると、真っ黒い雲が迫っているのが見えました。

竜巻来るかも…・。

窓のシャッターを閉めて、ぼーっとTVを見ていたその時「パァンッ」と破裂音が!

TVが深夜のあのカラフルな色になり、ジャーッと横縞になりました。

近くにカミナリ落ちた!

しっぽは慌ててコンセント類を抜いて回りました。
そうしているうちに、2階から夫と子供が下りてきました。
「お隣にカミナリ落ちたよ。」
夫が言います。
カミナリが凄かったので、子供と外を眺めていたらお隣に閃光が走ったというのです。
「怖いね~。」
なんて言い合いながらコンセントを差していると、無線ルーター親機の電源が入らない。
…それから続々と電子機器に不具合が生じ始め、最終的に「無線ルーター親機・光テレビチューナー・テレビアンテナ・電球2か所・エコキュート」の被害が判明しました。
ネット関係は幸いレンタルなので修理費用も掛からず交換出来たのですが、アンテナとエコキュートは保険で修理してもらうことになりました。
保険屋さんは「季節外れのカミナリでねぇ…。」みたいな嫌味な物言い。

こっちだって好きでカミナリ落ちたんじゃないぞ

近くの町では突風が吹いて被害がでたそうです。
ちなみに修理だ何だと騒いでいるのはうちだけみたいで、どうやらカミナリさまが来たのは我が家だったと結論。
後ほどお向かいの奥さんに訊いてみたら、「ネットに繋がらないのそのせいかなぁ。でもそれだけですよ。」とおっしゃってました。
そろそろ一週間経ちますが、復旧したのはエコキュートの給湯機能(自動機能が使えない)とルーターのみだったりします。
昨年からこっち、台風・地震・落雷と続いてるしっぽ家。
お祓いした方がいいかしら。

被災ペット

熊本地震で被災したペットを預かりました。
母の十数年来の友人で、しっぽも仲良くしてもらっているYさんの飼い犬「きら」です。

Yさん宅は地震で自宅が半壊、同居する娘さん夫婦が妊娠&小さなお子さん持ちだったため、取り急ぎ賃貸のアパートに避難しました。
その間、きらは娘さんの旦那さんの実家に預けられることに。
しかし、そこのご家族も納屋での避難生活、迷惑になっては…と、半壊した自宅に戻しYさんがお世話に通っていました。
その自宅もとうとう解体されることになり、困ったYさんに相談を受けしっぽ家が引き取ることになったのです。

DSC_0482.jpg

かわいい14歳のおばあちゃん。
器量よし、愛嬌良しでご近所の子供達のアイドルです。
一応、新しい家ができるまでの予定ですが、高齢なのでウチで看取る事になるのかも…。

知り合いからの預かりだったので、暢気に構えていたしっっぽですが、来た当初からトラブル発生。
歯の衛生状態があまりにも悪かったり、病気の予防が一切されていなかったりと驚愕の事実がたくさん判明しました。
歯石除去の相談で病院に連れて行き、獣医さんと話していると「被災ペットの預かりで、病院にかかる費用を飼い主さんが出してくれないというのは最近よくあります。」とおっしゃっていました。
きらの飼い主さんは可愛がってるけど、健康管理に無頓着だったタイプ。
よく話して聞かせたら、幸い費用はだしてくれました。
それでも相手は家を失った被災者ですから、フィラリアのお薬なんかはしょうがないので自腹です。

しっぽがたま~にお手伝いに行く西原村の動物シェルターでも、飼い主さんたちの意識の低さに頭を抱えてるような話はよく聞きますし、もし被災ペットを預かるようなことになったら、よ~く話し合って取り決めておくことをお勧めします。
そして、新しい家族を迎えようと思ってる方には、是非シェルターや愛護センターなどを見に行って、そこにいる子たちの中から選んであげて欲しいなぁ~なんて思います。

ヘリコプター乗降訓練

10月下旬、県の防災消防航空センターで行われたヘリコプター乗降訓練に参加してきました。
この訓練は2年に1度なので、アルプは2度目の参加。

カミナリやスピーカーや響く音が苦手なアルプですが、何故かヘリコプターの爆音は平気。
前回は抱えられて乗せられたのに、今回は華麗に飛び乗っていました(笑)。
上空でも隣のケージのシェパードに喧嘩を売る余裕っぷり。
逆にそのシェパードの方がヘリコプターにおびえていたぐらいで、飼い主さんががっくりなっていました。

何事も一度でも経験しておけば、いざというときに、「あ、こういうときはこうなるから注意しないと…!」と対処できるようになります。
チャンスがあれば、いろいろ積極的に挑戦していきたいなぁと思いました!

DSC_0437.jpg
プロフィール

しっぽ先生

Author:しっぽ先生
猫と美味しいものとアウトドアが大好き。アウトドアサークル「EASY EASY」主催(最近さぼり気味)。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード